日本語English | 中国

Oracle Dump ファイルをもっと簡単にもっと活用するなら

事例2:システム移行前の大昔の情報を Dump ファイルから取得し、将来の傾向を知る

​システムから除外した過去データを含めたデータの調査や分析指示!!

業務システムのレスポンス低下、サーバーの空き容量の枯渇、新システム導入時にデータ移行対象から外されるといった様々な理由で、業務システムの過去データがシステムから削除される、ということが度々行われます。

過去データが削除されることで、問題が起こることが多々あります。例えば、数年前に顧客に納品した製品の不具合調査、将来予測のための推移グラフの作成などです。過去のデータが存在しない場合、帳票などから追跡することになり、多大な工数を費やすことになります。場合によっては、対応できないということさえもありえます。業界や商材によっては、10年、20年前のデータも重要になるので、大きな損失です。

RP Dump Browser for Oracle を利用すると、古いシステムの DB からエクスポートしておいた Dump ファイルからデータを抜き出せます。実際にこのお客様は、Oracle7 からデータを抜き出しました。

さらに、Oracle環境なしで Dump ファイルの中身を容易に直接確認でき、Excelなどに出力できます。システムのデータを含めた調査や、活用が簡単にできます。

観点を変えると、RP Dump Browser for Oracle を利用して過去データを閲覧できるなら、新システム導入時に移行対象のデータを減らす、といったことも検討することができます。

利用ソフトウェア