日本語English | 中国

Oracle Dump ファイルをもっと簡単にもっと活用するなら

事例7:Dump ファイルからテーブル定義、オブジェクト一覧を取得

渡されたのは Dumpファイルだけ! テーブル定義の自動作成

ソフトウェアの開発会社様であるお客様は、システム開発に先立って、現行システム(特にデータ構造)の分析を行うことになりました。

 

顧客から入手した情報は、Dump ファイルのみでドキュメントがありませんでした。わずかにあったドキュメントも、更新されておらず利用できませんでした。

 

分析するためにOracleの環境を構築したうえで、開発ツールを利用して分析する必要がありました。そんなときに、RP Dump Browser を見つけられました。

 

RP Dump Browserのレポート出力機能を利用すると、Oracle環境なしでDumpファイルから直接、オブジェクト一覧、テーブル定義を出力することができます。また出力する形式を定義することも可能です。

 

お客様は、Oracle環境を構築できる技術者へ作業の依頼をせず、RP Dump Browser を利用するだけで、現在のテーブル定義を作成することができ、無事作業を完遂することができました。

お客様は、RP Dump Browser (有償版)の機能であるレポート出力で、オブジェクト一覧とテーブル定義書を出力し、レポートと、RP Dump Browserの閲覧機能でデータを確認し、データベースの分析を行いました。

また、RP Dump Browserを利用していたので、Oracleの環境の構築などは必要なく、環境構築を行える技術者に依頼する必要もありませんでした。

利用ソフトウェア